“ONE TAP”製作ストーリーがNewsPicsにて掲載

NewsPicsに弊社橋口・宮田のインタビューを掲載頂いています。

弊社の体調管理のクラウド「One TAP SPORTS(ワンタップ・スポーツ)」は、インタビュー記事にあるように、元々はラグビー日本代表用にオーダーメイドで作ったものですが、その設計の根本にあったのは、「2019年の日本(母国)開催W杯でベスト8に入らねばならない」という、過去の戦績から見ると異常に高い目標を達成するための、ラグビー日本代表の「経営戦略」でした。

目標から逆算したら、2015年には「世界ランキング10位以内に入る」「イングランドW杯で3勝する」「そのために南アフリカに勝つ」ことが必要です。

そのためには、

・どんな選手が必要か
・どんな体制・人材が必要か(エディHC、JPコーチ、その他一流のコーチ陣)
・どんなトレーニングが必要か(S&C)
・どんなデータ&システムが必要か
・どのようなマッチメイクが必要か

その他数限りなく多くの要素がありますが、それらすべての「経営資源」を調達し、最適に配分する必要がある。
ラグビー日本代表の歩みは、まさに目的からバックキャストして最短距離を走り切った数年間だったのだと思いますし、
私たちはその「システム面」という、ほんのたった1ピースに過ぎませんが、
この経営戦略を理解することができなければ、この凄まじいエディジャパンの進化のスピードに付いて行くことなど到底不可能だった、と今になって思います。

また、上記の考え方はラグビーのみならず多くのスポーツでも共通の課題・問題意識だと思います。

私たちのシステムも、

「選手の体調を、可能な限り見える化する」
「自分のカラダに対する意識を上げる」

など多くの面で、他のスポーツに応用できるものです。

実際に、昨年末に汎用版をリリース後、サッカー・野球・テニス・陸上・アイスホッケー・バスケットボール・アメフトなど、試験利用を含めるとユーザーが150チーム以上になりました。

また、この汎用版は5000円/月、更に学校ですと3000円/月という価格設定にしており、プロなどのトップチームのみならず、部活・同好会・草チームなど多くの方にお使い頂き、スポーツの安全、ケガの予防、そしてパフォーマンス向上のお役に立ちたいと思っています。

今後も日本のスポーツ強化・スポーツ界の発展、そして多くの方達がケガ無くスポーツを楽しんで頂ける環境づくりの一助となるべく尽力して参ります。

下記、よろしければ、ご覧下さい。

エディージャパンの肉体改造を支えた分析ソフトの正体〜「ワンタップ・ラグビー」製作者・インタビュー(前編)〜

本気で勝ちたいなら考えを変えろ。エディーの伝説のスピーチ〜「ワンタップ・ラグビー」製作者・インタビュー(後編)〜

関連記事

  1. 株式会社スポーツセンシングとの業務提携を発表

  2. 【締め切りました】スタッフ募集

  3. 【睡眠科学でアスリートをサポート】スタンフォード睡眠・生体リ…

  4. [事業提携]音声感情解析AIを活用したコンディション管理

  5. 年末のご挨拶2017

  6. Euphoria

    KDDIおよびアシックス・ベンチャーズからの資金調達および業…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP