【メディア掲載】日本経済新聞:スポーツが導く健康社会 AIがデータ分析・判断へ

Nikkei | ONE TAP SPORTS

“選手が端末で毎日の気分や疲労感、体の部位ごとの痛み、睡眠の質と時間などを入力。さらに食事や脈拍、体温、トレーニングメニュー、全地球測位システム(GPS)で計測した走行距離やパフォーマンスの変化などのデータも一元的に管理。それをもとに選手個々のコンディションを可視化し、最適なトレーニングとリカバリーの組み合わせを考える。”

“将来はAI(人工知能)が活躍することは間違いない。ユーフォリアとNECは19年からデータ分析にAI技術を活用する実証実験を始めた。まだ、気分や疲労感、痛みなど選手の主観によるアナログ的なデータも多いが、ウエアラブル端末の普及、さらにセンサー内蔵のIoT機器の登場によってそれも様変わりするだろう。”

“アスリートのためのシステムと考えられがちだが、高齢化社会を迎えた日本で、万人の健康管理に活用できることは容易に想像できる。”

“ユーフォリアの橋口寛代表はこんな未来を予想する。「普通に生活すればデータが集まり、それが人々の健康管理に役立つ時代がきます」”

ONE TAP SPORTSとAIの取り組みはまだまだ始まったばかりですが、近い将来、アスリートだけでなくより多くの皆様の元へお届けできるようなプロダクトづくりを目指して(という期待を込めて)ご紹介いただきました!

以下より全文お読みいただけます。

日本経済新聞「オリパラ考」:スポーツが導く健康社会 AIがデータ分析・判断へ

オススメの関連記事

  1. 【メディア掲載】日経 xTECH: 〜疲労を数値化してケガ…

  2. 【締め切りました】スタッフ募集のお知らせ

  3. スポーツアナリティクスジャパン2017に協賛出展します

  4. ONE TAP SPORTS, Euphoria

    【メディア掲載】SPORTS PICKS:ラグビー日本代表、…

  5. “ONE TAP”製作ストーリーがN…

  6. 【Forbes JAPAN掲載】根性論はもう古い。スポーツの…

PAGE TOP