スポーツアナリティクスジャパン2017に協賛出展します

2017年12月2日(土)に、スポーツデータ分析のカンファレンスである「スポーツアナリティクスジャパン2017」に出展協賛します。

いまスポーツ業界は、さまざまなハードウェア(センシング技術等)・ソフトウェア、データ分析技術などの発達とともに、ITによって大きなイノベーションが起こっています。

昨年のスポーツアナリティクスジャパン2016においては、鈴木大地スポーツ庁長官の講演にはじまり、柔道日本代表チームの井上康生監督が、リオでのメダルラッシュにおけるデータ活用について語られる講演なども行われました。また「データ活用で変わるコンディショニングの未来」というテーマで、ラグビー女子7人制(サクラセブンズ)のコンディショニングを担当された平井晴子さん、JATIの理事でスマートストレングス代表の油谷浩之さん、そしてMLBマイナーのトレーナーをされていた渡邊亮さんで行われるパネルディスカッションでは、弊社橋口がモデレーターをつとめました。

今年はMLBや英プレミアリーグからもスピーカーが参加し、より幅の広がったセッションが多く展開されることと思います。

また、スポーツITに関わるベンチャー各社による「8ppun Pitch -ハップンピッチ-」というピッチに弊社宮田が、「スポーツカンファレンスの未来」というセッションに弊社橋口がそれぞれ登壇します。

ONE TAP SPORTS(ワンタップ・スポーツ)」のブースも出しておりますので、ぜひお越しください。
お待ちしております。

関連記事

  1. 日経産業新聞で弊社の特集記事を掲載頂きました。

  2. 「One TAP」が日経新聞に掲載されました。

  3. 【開催報告】第14回 丸の内スポーツラボ「サッカー日本代表の…

  4. 米国スポーツカンファレンス視察を日経メディアに寄稿

  5. 株式会社スポーツセンシングとの業務提携を発表

  6. 年末のご挨拶2017

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP